古墳マニアにもオススメの珍物件!?「八幡山古墳」

案内開始Google Earth/Google Maps用のKML形式でエクスポートフルスクリーンモードでスタンドアロンマップ用のQRコード画像を作成するGeoJSON形式でエクスポートGeoRSS形式でエクスポート
八幡山古墳

マップをロード中 - しばらくお待ちください...

八幡山古墳 36.143247, 139.486027 Hachimanyama ancient tomb.埼玉県行田市藤原町1-27-1 (案内地図)

昨今では「古墳マニア」「古墳女子」などという言葉もチラホラ見かけるほどに静かな古墳ブーム。
大小様々な古墳が日本全土より出土しているわけだが、埼玉県にも珍しい古墳が。

 

IMG_1295

有名な奈良県明日香村の「石舞台古墳」に似ていることから、「関東の石舞台」とも呼ばれているそうだが、この「八幡山古墳」係の方に経緯を聞いてみると…。

「もともとは丸かったの。上の土、どっかやっちゃったんだよ。」

どっか!?それどこ!

気になったもんで少し調べてみると、江戸時代には既に石室の露出が確認されていたようで、残りの土が大規模に利用されたのは1934年に行われた小針沼干拓事業。なにやらこの干拓事業で崩された古墳は一つや二つではなかったのだとか!もったいない!(そしてバチあたり!)
干拓事業の際、古墳を掘り進めるごとに出現する大きな石室。この大きさから「あれ、もしかして大変なもの崩しちゃったんじゃね!?」ということで、ようやく発掘調査が行われたという歴史。

現在は県の指定史跡として保護され、1977年の復元工事以降は石室の内部も定期公開中。

 

IMG_1298

 

被葬者に関してはかなりの大物であることが伺え、現在最も有力な説が「聖徳太子伝暦」に登場する聖徳太子の舎人(とねり・皇族の警備や雑用を担当)である「物部連兄麿(もののべのむらじえまろ)」。

 

IMG_1297

こちら「八幡山古墳」元々は直径80mほどあったそうだが、現在は住宅街にポツンと鎮座しているため見落としに注意。

 

トップページで不思議スポットを地図から検索!

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 古墳マニアにもオススメの珍物件!?「八幡山古墳」 https://t.co/ze4TO4gpWc https://t.co/UzZA5yvE31

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS まとめ快速論駄

新着 New mapping

たいへんなことになりますよ!!
wp_20160919_15_42_08_pro
It becomes tough situation...
日本語
ベトナム寺院「南和寺」
DSC_1102
CHUA NAM HOA.
日本語
グリーンショップマツモトゴジラー
DSC_1090
Green Shop Matsumoto Godzillaa.
日本語
幸せの丘・ありあんす
IMG_0163
The Happiness Hill ALLIANCE.
日本語
びっくりひな祭り「エルミこうのす」
DSC_0467
Bikkuri Doll Festival[elumi konosu].
日本語
とつげき丼「福一番」
DSC_0488
Totsugeki beef bowl [Fukuichiban].
日本語
スーパー玉出 天神橋店
IMG_1589
Supermarket Tamade. Tenjinbashi shop.
日本語
靴のオットー
IMG_1864
Shoe store Otto.
日本語
忍城
IMG_1195
Oshi-jo castle.
日本語
石田堤
IMG_1223
Ishida Levee.
日本語
ページ上部へ戻る