プルトニウム型原爆「ファットマン」模型は実物と同じ塗装に「長崎原爆資料館」

案内開始Google Earth/Google Maps用のKML形式でエクスポートフルスクリーンモードでスタンドアロンマップ用のQRコード画像を作成するGeoJSON形式でエクスポートGeoRSS形式でエクスポート
長崎原爆資料館

マップをロード中 - しばらくお待ちください...

長崎原爆資料館 32.772539, 129.864479 Nagasaki Atomic Bomb Museum.日本語日本長崎県長崎市平野町7−8 (案内地図)

被爆の惨状をはじめ、原子爆弾開発の歴史、原爆・水爆実験の影響などを伝えるため、1996年に開館となった「長崎原爆資料館」。
館内には原寸大「ファットマン」模型が常設展示されているのだが、近年の調査で「ファットマン」はこれまで考えられていた濃い緑色ではなく、鮮やかな黄色だったことが確認されている。

この調査結果と被曝70年の節目ということを合わせた2015年夏、長崎原爆資料館では展示物を一新。

同年7月28日には黄色に塗り直されたプルトニウム型原子爆弾「ファットマン」が一般公開された。

 

nagasaki

IMG_8713
▲接合部分が黒く塗られているのは強化を目的とした塗装

 

なお、これまでの濃い緑色のファットマンはアメリカにある博物館展示物を見本にしただけのもの。

特段根拠なく塗装されていたため有識者より「本物の色と違う」という指摘も複数寄せられていたようだが、近年まで正式な塗装様式は掴みきれない状況にあった。

2015年夏のファットマン模様替えを主軸に長崎原爆資料館では展示物の一新や強化を進めていくという。
広島原爆資料館ともまたひと味ちがう近代化された印象の長崎原爆資料館。
一度足を運ぶことをお勧めしたい。

 

IMG_8702

IMG_8734

IMG_8744

 

トップページで不思議スポットを地図から検索!

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. プルトニウム型原爆「ファットマン」模型は実物と同じ塗装に「長崎原爆資料館」 https://t.co/Yf3ohjHsoF https://t.co/ryr9yDNJrZ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS まとめ快速論駄

新着 New mapping

たいへんなことになりますよ!!
wp_20160919_15_42_08_pro
It becomes tough situation...
日本語
ベトナム寺院「南和寺」
DSC_1102
CHUA NAM HOA.
日本語
グリーンショップマツモトゴジラー
DSC_1090
Green Shop Matsumoto Godzillaa.
日本語
幸せの丘・ありあんす
IMG_0163
The Happiness Hill ALLIANCE.
日本語
びっくりひな祭り「エルミこうのす」
DSC_0467
Bikkuri Doll Festival[elumi konosu].
日本語
とつげき丼「福一番」
DSC_0488
Totsugeki beef bowl [Fukuichiban].
日本語
スーパー玉出 天神橋店
IMG_1589
Supermarket Tamade. Tenjinbashi shop.
日本語
靴のオットー
IMG_1864
Shoe store Otto.
日本語
忍城
IMG_1195
Oshi-jo castle.
日本語
石田堤
IMG_1223
Ishida Levee.
日本語
ページ上部へ戻る